feel(フィール)と(MARQUE)マルクの違い|育てるタオルの大きさ

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、「育てるタオルの大きさ」「マルクとフィールの違い」について調査した結果を基に徹底解説しています。

あなたは、毎日の生活に欠かせない「タオル」を選ぶ時、何を重視しますか?ふんわりとした使い心地?それとも洗練されたデザイン?もしくは贈り物としての魅力?今、SNSや口コミで話題沸騰中の「育てるタオル」。その人気の秘密は、ただの「タオル」であることを超えた、その品質と使い心地にあります。

そして、その中でも特に注目されているのが、「マルク」と「フィール」のシリーズ。今回は、これら二つのシリーズの違いと、どのようにしてあなたの日常に溶け込むかを詳しく解説します。

「育てるタオル」とは、一言で言えば「使えば使うほど良くなるタオル」です。その名の通り、使い続けることで肌触りが良くなり、吸水性が増す、まさに「育てる」ことで価値が増すタオルなのです。しかし、ただの高品質なタオルではありません。その特徴は、日々の生活の中で私たちの心を癒し、時には特別なギフトとして大切な人を喜ばせることもあります。

では、マルクとフィールの違いは何でしょうか?マルクは、より上質で洗練されたデザインを好む方に向けて作られています。一方、フィールは日常使いに最適で、柔らかな肌触りと豊富なカラーバリエーションが特徴です。どちらも素晴らしい品質を持ちながら、使用するシーンや目的によって選ぶ楽しみがあります。

記事のポイント

  1. 育てるタオルの大きさは何種類あるのか
  2. マルクとフィールの違いは何か
  3. 育てるタオルとは何か
  4. 育てるタオルのSNSでの評判・口コミはどうか

“育てる”という新感覚タオル【育てるタオル】

公式サイトより引用

もし、あなたがギフトを選ぶ場合、どちらのシリーズが最適でしょうか?たとえば、結婚祝いや出産祝いなど、特別な日の贈り物として考えるなら、マルクの上品さが相手を特別な気持ちにさせるでしょう。一方で、友人への誕生日プレゼントや、自分へのご褒美として選ぶなら、フィールの豊かなカラーと柔らかな肌触りが日常に彩りを加えます。

また、育てるタオルの魅力はその使い心地だけに留まりません。そのサイズ感にも注目です。日常使いに最適なフェイスタオル、持ち運びやすいハンドタオル、そしてゆったりとくるまれるバスタオル。それぞれのサイズが、異なるシーンでの使用を想定して設計されています。たとえば、ジムやヨガスタジオでのスポーツタオルとして、または、旅行時の携帯用タオルとして、あなたのライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

では、この育てるタオル、どのようにして日々の生活の中で「育て」ていけばよいのでしょうか?その答えは、次のセクションで詳しくご紹介します。育てるタオルの正しい使い方、洗濯やメンテナンスの方法、そして、育てるタオルがもたらす日々の小さな幸せについて。タオル一つでこんなにも日常が変わるなんて、少し驚きですよね。

記事内容(タップして移動)

育てるタオルの大きさは?:自分用とギフト用の選び方

育てるタオルの大きさは、「ハンドタオル」、「フェイスタオル」、「スポーツタオル」、「バスタオル」、「タオルケット」の5種類です。

タオルを選ぶ際、その大きさは私たちの使い心地や目的に大きく影響します。特に「育てるタオル」のような高品質なものを選ぶ時、自分用とギフト用とではどのようなサイズが最適なのでしょうか?日常のさまざまなシーンでどのように活躍するか、また、どんな時にギフトとして喜ばれるサイズがあるのかを探ってみましょう。

さまざまなシーンで活躍する「育てるタオル」のサイズと使い心地

スクロールできます
シリーズハンドタオルフェイスタオルスポーツタオルバスタオルタオルケット
feel
フィール
20×20cm 20×40cm
34×85cm
60×120cm140×190cm
MARQUE
マルク
12.5×25cm 25×25cm45×100cm
70×140cm
150×200cm
yellow ribbon
イエローリボン
34×95cm40×120cm

60×120cm
24/7
トゥエンティーフォーセブン
32×89cm
Fais moi calin !
フェモアキャラン
10×20cm
30×30cm
80×80cm

育てるタオルは、その使用シーンに応じて様々なサイズがあります。日常的に使用する場合は、フェイスタオルやハンドタオルが便利です。フェイスタオルは洗面所やキッチンでの手拭き、顔拭きに適しており、ハンドタオルは携帯用としても最適です。また、バスタオルは入浴後の体を包み込むのに十分な大きさで、育てるタオル特有の柔らかさと吸水性が快適な使い心地を提供します。

さらに、旅行やアウトドアなどの特別なシーンでは、持ち運びやすく、場所を取らないコンパクトなサイズが重宝されます。育てるタオルには、折りたたんでコンパクトに収納できるサイズもあるため、スーツケースやバッグに入れておくと非常に便利です。

また、赤ちゃん用のタオル、そしてタオルケットも育てるタオルのラインナップに含まれており、それぞれ異なる用途で活躍します。

赤ちゃん用のタオルは特にデリケートな肌にも優しい素材で作られており、日々のお手入れやおくるみとしても最適です。タオルケットはリビングやベッドルームでの使用に理想的なアイテムです。軽くて柔らかな肌触りが特徴で、夏の冷房対策や春秋のちょっとした寒さから守るのに役立ちます。

ギフトにおすすめな「育てるタオル」のサイズは?

ギフトとしてタオルを選ぶ場合、デザインや品質はもちろん、サイズも重要なポイントになります。一般的に、ギフトとして贈られることが多いのは、バスタオルやフェイスタオルのセットです。これらは実用的でいくつあっても困らないことから、プレゼントとして最適です。

また、女性に喜ばれるのは、小さめのハンドタオルや可愛らしいデザインのフェイスタオルです。これらは日常生活で頻繁に使われるため、実用的なギフトとして喜ばれます。さらに、育てるタオルの豊富なカラーバリエーションを活かして、相手の好みに合わせた色を選ぶことで、より心のこもったプレゼントになります。

ギフトとして贈る場合、相手の好みや用途に合わせて、適切なシリーズとサイズを選ぶことが大切です。また、予算に応じてフェイスタオルやハンドタオルへの切り替えも考慮すると良いでしょう。特に、feelシリーズは初めての方にも使いやすいサイズ感が魅力です

ギフト選びに悩んだ際は、育てるタオルの公式ストアで提供されているイベント別のギフト商品も参考にすると良いでしょう。母の日や父の日、結婚祝いなど、様々なシーンに合わせたギフトが用意されています。

育てるタオルの選び方は、その使い方や贈る相手によって変わります。自分自身の日常使いには、使い勝手の良いサイズを、大切な人へのギフトにはその人のライフスタイルや好みを考えながら選ぶことが大切です。どのサイズを選んでも、育てるタオル特有の上質な使い心地とデザインが、日々の生活に潤いと豊かさをもたらしてくれることでしょう。

マルクとフィールの違い:どちらがあなたに適している?

マルクは高級感とボリューム感が特徴で、こだわりのある方に適しています。一方、フィールは軽やかで使いやすく、初めて育てるタオルを購入する方や女性向けのギフトに最適です。

「育てるタオル」として知られる、マルクとフィールのシリーズは、その素材感、機能性、カラーバリエーションにおいて異なる特徴を持っています。ライフスタイルや好みに合わせて、最適なタオルを選ぶことが重要です。

素材と機能性の比較

  • フィール: 育てるタオルのスタンダードモデルであり、やわらかく軽めの肌触りが特徴です。日常使用に最適で、初めて育てるタオルを購入する方にも手が出しやすい価格帯が魅力です。
  • マルク: より高級感のあるシリーズで、程良い厚さとボリューム感があります。育てるタオル特有の「ふわふわ」感がより強く、上質な使い心地を提供します。

カラーバリエーションの違い

  • フィール: (全6色)ミスト、ロータス、ムーングレージュ、モス、チャコール、フォグブルー、といった多様な色が選べます。
  • マルク: (全4色)グリフェール、エトゥープ、サーブル、モーブの落ち着いた色味が特徴です。

育てるタオルとは?|株式会社 英瑞(エイズイ)

企業情報

スクロールできます
会社名株式会社 英瑞(エイズイ) A-Z CORPORATION
会社設立1965年4月
代表者代表取締役兼CEO 呉 兆顕
代表取締役社長 佐藤 昌子
住所〒107-0061 東京都港区北青山3-5-38 善光ビル
TEL03-6721-1230
メールアドレスhttps://eizui.com/contact/
URL https://eizui.com/
業務内容タオル製品および繊維製品の企画・製造・販売・輸入卸
記事内容(タップして移動)