【サックスは何種類?】大きさ・見分け方・難易度|初心者におすすめなのは

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、「サックスの種類と見分け方・初心者におすすめのサックス」について調査した結果を基に徹底解説しています。

サックスは、ジャズからクラシック、ポップスまで幅広いジャンルで活躍する万能の楽器です。

でも、どの種類を選ぶべきか最初は戸惑うかもしれません。それぞれのサックスには、その個性と魅力があり、選ぶ楽器によって演奏のスタイルや楽しみ方が変わってきます。

この記事では、サックスの種類、それぞれの大きさと見分け方、そして演奏の難易度について詳しく解説します。初心者の方におすすめのサックスも紹介するので、あなたにぴったりのサックスを見つける第一歩にしてください。

結論から言うと、初心者におすすめのサックスは「アルトサックス」です。

上達の近道!初心者のためのアルトサックス講座

公式サイトより引用

記事のポイント

  1. サックスとはどんな楽器か
  2. サックスの種類はどんなものがあるか
  3. サックスの大きさやどう見分けるか
  4. 初心者におすすめのサックスは何か
  5. サックスの魅力は何か
記事内容(タップして移動)

サックスってどんな楽器?

サックスは、19世紀に誕生し、その独特な音色と魅力で多くの音楽ファンを魅了してきました。ジャズの世界で特に愛され、その影響はクラシックからポップ、ロック、さらにはヒップホップや電子音楽にまで及びます。サックスの魅力は、その柔軟性と表現力にあります。金管楽器のパワフルさと木管楽器の繊細さを併せ持ち、豊かな音色と表現豊かな音楽を生み出すことができます。

サックスのカルチャーと歴史 |クールな理由

サックスが持つ「クールさ」は、その歴史とカルチャーに深く根ざしています。発明者のアドルフ・サックスは、サックスを軍楽隊での使用を想定していましたが、やがてジャズの世界でその真価が認められるようになります。

1920年代のジャズエイジには、サックスは「自由」と「革新」の象徴として、多くのミュージシャンに愛されました。その後も、ビッグバンド時代からビバップ、クール・ジャズに至るまで、サックスはジャズ音楽の進化と共に発展してきました。

世界的に著名なサックス奏者としては、以下のような人物が挙げられます。

  1. ジョン・コルトレーン (John Coltrane) – ジャズの巨人として知られるコルトレーンは、革新的な演奏スタイルと作曲で知られています。彼のアルバム「A Love Supreme」はジャズ史上最も重要な作品の一つとされています。
  2. チャーリー・パーカー (Charlie Parker) – ビバップの開祖とも言われるパーカーは、その高速で複雑な即興演奏で知られています。彼の音楽スタイルは後のジャズミュージシャンに多大な影響を与えました。
  3. スタン・ゲッツ (Stan Getz) – ゲッツは、その滑らかでメロディックな演奏で知られるテナーサックス奏者です。ボサノバ音楽との融合で特に有名で、「The Girl from Ipanema」などの曲があります。
  4. ソニー・ロリンズ (Sonny Rollins) – テナーサックス奏者として知られるロリンズは、独自の即興スタイルと強力なリズム感で評価されています。彼のアルバム「Saxophone Colossus」はジャズの古典とされています。

これらの奏者は、それぞれが独自のスタイルと音楽的遺産を持ち、サックス演奏の世界において重要な足跡を残しています。

初心者でもわかるサックスの仕組みと基本構造

サックスの構造は比較的シンプルですが、その音色を生み出すメカニズムは非常に洗練されています。金属製のボディには多くのキーが備えられており、これらを操作することで様々な音を奏でることができます。

サックスの音は、リード(葦:アシ)と呼ばれる薄い木片が振動することで生み出されます。このリードの振動を、ボディ内の空気が増幅し、独特の音色を作り出します。サックス演奏の基本は、このリードの振動をコントロールし、表現豊かな音楽を奏でることにあります。

サックスの演奏では、リードの振動をマウスピースとリガチャー(リードをマウスピースに固定するためのクランプ)を使って精密にコントロールします。このマウスピースの形状やリードの硬さは、演奏する音色やスタイルに大きな影響を与えます。柔らかいリードは低い音を出しやすく、硬いリードは高い音や大きな音量を出しやすい特性があります。プレイヤーはこれらの要素を自分の演奏スタイルや好みに合わせて選び、独自のサウンドを作り出します。

サックスのボディは一般的に真鍮製で、表面はラッカーか金メッキで仕上げられています。この金属製のボディが、リードの振動を増幅し、豊かで深みのある音色を生み出します。ボディの内部は、音の共鳴を高めるために精巧に設計されており、管の長さや曲がり角度が音のピッチや質感に直接影響を与えます。

サックスには多くのキーがあり、これらを指で操作して異なる音高を出します。キーの開閉により、空気の通る管の長さが変わり、それによって音の高さが変わるのです。キーは通常、指の配置に合わせて人間工学に基づいて配置されており、演奏者は自然な手の動きでスムーズに演奏できるようになっています。

サックスの種類|それぞれの大きさと見分け方

メジャーな4種類:ソプラノ・アルト・テナー・バリトン

サックスファミリーは、音楽の世界において非常に重要な役割を果たしています。その中でも主要な種類としてソプラノ、アルト、テナー、バリトンの4つがあります。これらはそれぞれ独特の音色と特性を持ち、ジャズやクラシック音楽において重要な位置を占めています。

  • ソプラノサックス:このサックスは、見た目が直線的で、クラリネットに似た高い音域を持っていることが特徴です。その音色はクリアで明るく、透き通るような美しさがあります。このため、ソロ演奏やメロディアスなフレーズに非常に適しており、演奏者によっては非常に感動的な音楽を奏でることができます。
  • アルトサックス:サックスを始める人に最も推奨される種類の一つです。サイズが扱いやすく、音域もバランスが取れているため、初心者にとって学びやすい楽器です。アルトサックスはその柔らかくも力強い音色で、さまざまなジャンルの音楽に適応することができます。
  • テナーサックス:アルトサックスよりも一回り大きいこの楽器は、より低い音域を持ち、豊かで温かみのある音色が魅力です。ジャズ音楽においては特に人気が高く、ソロ演奏やバンドの中での重要な役割を果たします。その深みのある音色は、聴く人の心に響き、感動を与えます。
  • バリトンサックス:4つのサックスの中で最も大きな楽器で、非常に深い音域を持っています。このサックスは、バンドやオーケストラにおいて低音部を支える重要な役割を担っています。その力強くも暖かい音色は、音楽に深みと豊かさを加え、聴衆を魅了します。

サイズでわかる!サックスの個性

  • ソプラノサックス:最も小さく、通常の長さは約60cmです。ストレートタイプとカーブドタイプのデザインがあります。
  • アルトサックス:ソプラノよりやや大きく、平均的な長さは約70cmです。初心者に最も推奨されるサックスの一つです。
  • テナーサックス:アルトよりさらに大きく、長さは約90cmです。ジャズでよく使用されるサックスの一つです。
  • バリトンサックス:この4種類の中で最も大きく、約1mの長さがあります。深い音色が特徴です。

サックスのサイズは、その音色や演奏スタイルに大きく影響します。小さいサックスは高い音域を持ち、軽快で明るい音色が特徴です。一方、大きいサックスは低く温かみのある音色を持ち、豊かな響きを生み出します。サックスを選ぶ際には、これらの特徴を考慮して、演奏したい音楽スタイルや個人の好みに合わせて選ぶことが重要です。

サックスを選ぶ際、サイズと音色の関係は非常に重要な要素ですが、それだけでなく、楽器の持ち運びや演奏のしやすさも考慮する必要があります。例えば、小さいサックスは軽くて持ち運びが容易であり、小柄な人や子供にも適しています。一方、大きなサックスは重量があり、その取り扱いには体力と練習が必要です。大きなサックスは音量が大きく、バンドやオーケストラの中で重要な役割を果たすことが多いです。

例えば、オーケストラやジャズバンドでは、バリトンサックスは低音部を担当し、音楽に豊かなハーモニーと温かみを加えます。この低音部は音楽の「土台」のようなもので、他の楽器がその上にメロディーやリズムを築いていくのです。バリトンサックスの深い響きは、音楽全体に広がりと厚みをもたらし、聴く人に心地よい共鳴と感動を与えるのです。

また、ビッグバンドのジャズでは、バリトンサックスはしばしば音楽の「骨格」を形成します。リズムセクションとハーモニーを結びつける役割を担い、楽曲全体の流れやリズム感を支える重要な役割を果たします。バリトンサックスの強くて堂々とした音は、他の楽器の演奏を引き立て、全体の統合性を高めるのです。

サックスの見分け方

サックスファミリーの各種類をネック(マウスピースが取り付けられる部分)の形状で見分けることも可能です。ネックの形状は各サックス種類ごとに異なり、これを識別点として使用することができます。

  • ソプラノサックス
    • ネックの形状:ストレートタイプのソプラノサックスはネックがほとんどまたは全くないように見えます。カーブドタイプでは、小さくてわずかに曲がったネックがあります。
  • アルトサックス
    • ネックの形状:アルトサックスのネックは、やや曲がっており「J」の形に似ています。この曲がりが特徴的で、他のサックスと比べて短めです。
  • テナーサックス
    • ネックの形状:テナーサックスのネックはアルトよりも長く、より曲がりが強いです。「逆S」の形をしています。
  • バリトンサックス
    • ネックの形状:バリトンサックスは他のサックスよりも大きく、ネックが長く大きく曲がっています。その形状は「U」のような形をしており、特に大きな曲がりが特徴です。

その他のサックス

サックスファミリーには、あまり知られていない珍しい種類も存在します。例えば、ソプラニーノサックスは非常に小さく、非常に高い音域を持つサックスです。また、コントラバスサックスのような大型で低音域のサックスもあり、非常にユニークな音色を持っています。これらの珍しいサックスは、特定の音楽ジャンルや特別な演奏スタイルで使用されることが多く、サックスの世界の多様性を示しています。

初心者におすすめのサックス|難易度の低いものは?

初心者にピッタリ!サックス選びのコツ

サックス選びの第一歩は、自分の体格や演奏スタイルに合ったサイズを選ぶことです。一般的に、初心者にはアルトサックスが難易度が低いサックスとしておすすめされます。扱いやすいサイズであり、重すぎず、音出しも比較的容易なためです。また、アルトサックスは音域もバランスが良く、さまざまな音楽ジャンルで使われるため、初心者が多様なスタイルを学ぶのに適しています。

楽器の質にも注目しましょう。初心者向けのモデルでも、信頼できるメーカーのものを選ぶことが重要です。良い楽器は長持ちし、音色や演奏性にも優れています。最初は低価格のモデルから始め、演奏に慣れてきたら高品質な楽器にステップアップするのも一つの方法です。

手軽に始められる!簡単なサックスって?

初心者にとって、楽器の演奏は時に挑戦的に感じられるかもしれません。しかし、サックスは比較的始めやすい楽器の一つです。アルトサックスは息のコントロールが容易で、基本的な吹き方や指使いを習得するのも難しくありません。

ただし、独学での上達には個人差があります。それは以下に理由によるものです。

  • 音を出すポイントが理解できない
    • サックスを吹く際の基本的なポイントは、息のコントロールと正しい吹き方です。しかし、これがどういうものか具体的に理解するのが難しいことがあります。ビデオチュートリアルを活用し繰り返し確認することで、視覚的に学ぶ必要があります。
  • 個人レッスンは高額で、通うのが面倒
    • 個人レッスンは最も上達する近道ですが、コストや時間の制約があります。この場合、DVDやオンラインで視聴することができるレッスンが有効です。まずはYouTubeなどの動画プラットフォームで、無料で視聴できる方法からはじめるてみるのも良いでしょう。
  • 自宅での練習が難しい
    • サックスは音量が大きい楽器のため、自宅での練習が難しいと感じることがあります。この問題に対処するためには、防音の工夫や、特定の時間帯に練習を限定するなどの対策が有効です。また、ミュートを使うことで音量を抑えることができます。音を出して練習したいという場合は、カラオケボックスでの練習が最もコスパのよい方法です。ただし、楽器の演奏が可能か店舗に確認するようにしましょう。
  • 楽譜が読めない
    • 楽譜の読み方がわからないと、演奏の上達に支障をきたす可能性があります。これに対処するためには、基本的な楽譜の読み方を学ぶための本を活用することが重要です。楽譜にドレミが表記されているもの、指をおさえる図がセットになっているものが初心者向けの教材として最適です。
  • バンドの伴奏がないと寂しい:
    • 一人で練習すると、バンドの伴奏がなくて寂しいと感じることがあります。これに対処するためには、カラオケトラックや伴奏アプリを利用することが有効です。伴奏トラックに合わせて演奏することで、バンドの一員のような感覚でライブ気分を楽しむことができます。

初心者応援!自宅で手軽にはじめるサックス教本

サックスの上達のためには、適切な教本が非常に役立ちます。初心者のためのアルトサックス講座では、初心者向けのサックス教本が紹介されており、基本的な吹き方から読譜の方法、練習曲まで、段階的に学ぶことができます。これらの教本は、初心者が自宅で独学する際のガイドとなり、効率的にスキルを向上させるのに役立ちます。

サックスの魅力|比較的簡単で、かっこいい

だからサックスは楽しい!初心者でも大丈夫

サックスを演奏する楽しさは、初心者でもすぐに体感できるものです。他の多くの楽器と比較して、サックスは音を出しやすく、基本的な演奏技術を短期間で習得することが可能です。アルトサックスは特に初心者におすすめされることが多く、その理由はその扱いやすさと、学ぶのが容易であることにあります。

サックスの演奏は、吹き方や指の動きを少し練習するだけで、すぐにメロディを奏でることができます。また、リード楽器であるため、息のコントロールを学ぶことで、音色や音量の変化に富んだ表現が可能になります。このような特性は、初心者が音楽を奏でる楽しさをすぐに感じることを可能にし、演奏技術の向上に向けたモチベーションを高めます。

サックスで広がる音楽の世界

サックスはその柔軟性により、様々な音楽ジャンルで使用されます。ジャズでは、その即興的なソロや躍動感あふれるリズムが魅力です。クラシック音楽においては、オーケストラや室内楽の中で、温かみのある豊かな音色と繊細なニュアンスを提供します。また、ポップスやロック、ラテン音楽など、幅広いジャンルでサックスの存在感が際立っています。

サックスを学ぶことは、これら多様な音楽スタイルへの扉を開くことを意味します。初心者がサックスを学び始めると、徐々に異なるジャンルの曲に挑戦することができ、自分の音楽の幅を広げることができます。例えば、ジャズのスタンダードナンバーから始めて、次第にクラシカルなピースや現代のポップミュージックに挑戦することで、演奏のスキルだけでなく、音楽に対する理解も深まります。

さらに、サックスの演奏はソロだけでなく、アンサンブルでの演奏の楽しさも提供します。他の楽器との合奏は、互いの音色を引き立て合い、より豊かな音楽を生み出します。バンドやオーケストラでの演奏は、チームワークと協調性を育み、共に音楽を作り上げる喜びをもたらします。

サックスを学ぶことは、単に楽器を演奏すること以上のものです。それは音楽との深い関係を築き、自己表現の手段を広げ、新たな音楽の世界への扉を開くことを意味します。

【Q&A】サックスの種類に関するよくある質問

サックスで一番難しいのってどれ?

テナーやバリトンは大きくて吹くのが大変。でも、全部のサックスで上手くなるには練習が必要です。

サックス、すぐに吹けるようになる?

人それぞれですが、基本は数ヶ月でOK。毎日コツコツ練習するのがポイントです。

アルトサックスって、だいたいいくらするの?

初心者用は5万円から10万円くらい。プロ用になるともっと高額です。

アルトサックスでソロとかよくある?

アルトサックスはジャズで特にソロパートが多いです。

子供がサックスを始めるのにいい年齢っていくつ?

興味を持った時がタイミングですが、体が大きくないと大変。10歳くらいがベストです。

サックスでやわらかい音を出すコツは?

呼吸とリードのコントロールが大事。リラックスして、やさしく息を吹きかけます。

サックスの種類で音色ってどう違うの?

ソプラノはクリアで高音、アルトはバランスが良く、テナーは温かく低音、バリトンは深くて重い音です。

サックス吹く時の呼吸のコツってある?

腹式呼吸で深く息を吸い、ゆっくりと吹き出すこと。息のコントロールがカギです。

【まとめ】サックスの種類・大きさ・見分け方・難易度

サックスは、その種類とサイズによって多様な音楽体験を提供し、初心者からプロフェッショナルまで幅広く愛される楽器です。

  • サックスにはメジャーな4種類があります。これらはソプラノ、アルト、テナー、バリトンで、それぞれ異なる音色と特性を持ちます。
  • サックスのサイズは音色に影響します。小さなサックスは高音域と軽快な音色を、大きなサックスは低音域と温かみのある音色を持ちます。
  • 各サックスはネックの形状で識別できます。形状はサックスのタイプごとに異なり、見分ける際の手がかりとなります。
  • 初心者にはアルトサックスがおすすめです。その扱いやすいサイズとバランスの良い音域が、多様な音楽スタイルの学習に適しています。

サックスは、初心者にとってもアプローチしやすく、上達の過程で多くの楽しみを提供する楽器です。サイズや種類を適切に選ぶことで、あなたにとって最適なサックス体験が実現します。

記事内容(タップして移動)