【作務衣が普段着はおかしい?】私服・似合う人・ダサい・芸人も愛用

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、「作務衣が普段着だとおかしいのか?」ということについて調査した結果を基に徹底解説しています。

作務衣。それは和の心を纏う、「伝統」と「現代」を繋ぐファッションアイテムとして、ただの作業服から生まれ変わり、私たちの日常にすっと溶け込んでいます。

昔ながらの僧侶の作業着としてのイメージを払拭し、幅広く用いられるようになった作務衣。料理人や陶芸家などの職人さんたちはもちろん愛用していますし、作業中の動きやすさを確保しながらも、その装い自体が一つのステータスになりつつあります。

記事のポイント

  1. 普段着に作務衣を着ることはおかしくない
  2. 作務衣はダサいのか・似合う人
  3. そもそも作務衣とは何か
  4. 作務衣専門店「伝統芸術を着る会」とはどんな会社か
  5. 作務衣の手入れ・保管はどうすればよいか

>作務衣の専門店「伝統芸術を着る会」<

公式サイトより引用

そして普段着として、おうち時間を彩るルームウェアとしてはもちろん、ちょっとしたお出かけにも対応する、その汎用性には目を見張るものがあります。

作務衣がここまで愛される秘密は、その着心地の良さにあります。複雑な着付けが必要な着物とは異なり、作務衣はシンプル。ズボンをはいて、上着を羽織り、ひもを結ぶだけ。それだけで、和の粋を楽しめるんです。

でも、「作務衣って本当に普段着として大丈夫?」と思う方もいるかもしれませんね。正直に言って、「普段着としてはちょっと・・・」と思う方もいらっしゃるのかもしれません。

それでも、一度着てみると、その心地よさにすっかり虜になってしまうんです。

記事内容(タップして移動)

作務衣って普段着(私服)でおかしくない?その理由をチェック!

普段着の作務衣、変じゃないって本当?

結論から言うと、作務衣を普段着として着ることはおかしくありません。

周りの人々に不快感を与えない限り、服装は個々の自由です。一部には作務衣を外出着とは考えない人もいるかもしれませんが、多様な価値観があるため、自分が良いと思えばそれで問題ないのです。

作務衣は、ゆとりのあるデザインでありながら、洗練された印象を与えることができます。快適な着心地で動きやすく、リラックスしたい時や家の周りでの作業に最適です。さらに、そのシンプルな形状は、Tシャツやスニーカー、サンダルといった日常のアイテムとも簡単に組み合わせることができるため、多くの着こなしを楽しむことが可能です。

普段から作務衣を取り入れることで、くつろぎの時間をより心地よく過ごすことができるでしょう。また、個性的なファッションとして作務衣を着こなすことは、自身のスタイルを高める一つの方法です。他人の目を気にせずに、作務衣を通して快適でスタイリッシュな日常を実現しましょう。

作務衣探しのコツとおすすめの見つけ方

作務衣を選ぶ際には、まず素材をチェックしましょう。天然素材である綿や麻は通気性が良く、肌触りも快適です。丈夫さを特に重視するなら、帆布やポリエステル製の作務衣がおすすめです。次に、サイズ感が重要です。作務衣はゆったりとしたデザインが特徴ですが、体型に合ったサイズを選ぶことで、スタイリッシュな着こなしを実現できます。

また、色や柄も自分の好みに合わせて選ぶと、より満足度が高まります。おすすめの探し方としては、伝統工芸品を扱う店舗やオンラインショップを利用することです。こうした専門店では、品質の高い作務衣を幅広く取り揃えており、自分にぴったりの一着を見つけやすいでしょう。

【まとめ】作務衣って普段着(私服)でおかしくない?

  • 作務衣は普段着として着用することは全く問題ない。
  • 作務衣はゆとりのあるデザインでありながら、洗練された印象を与える。
  • 作務衣は快適で動きやすく、家での作業やリラックスしたい時に最適。
  • Tシャツやスニーカー、サンダルなど日常のアイテムとも簡単に組み合わせられる。
  • 作務衣を取り入れることで、くつろぎの時間を心地よく過ごせる。
  • 個性的なファッションとして作務衣を取り入れることで、自身のスタイルを高められる。
  • 素材やサイズ、色や柄を選ぶ際には、自分の好みや体型に合わせて選ぶことが重要。
  • 伝統工芸品を扱う店舗やオンラインショップで品質の高い作務衣を探すのがおすすめ。

作務衣はダサい?似合う人との違い

自分に似合う作務衣の選び方とポイント

作務衣に対して「ダサい」という先入観があるかもしれませんが、そんなことはありません。服を選ぶ時の知識とセンスがあれば、そんなイメージをガラリと変えることができるんです。作務衣は、バリエーションが豊富で、どんな人でも自分にピッタリの一着を見つけることができます。

作務衣の魅力は、その着こなしの自由度にあります。作務衣が似合う人は、自分らしいスタイルを見つけて、それを自信を持って着ることで、ぐっとオシャレに見せています。

例えば、ゆったりとしたサイズ感でリラックスしたスタイルを楽しむもよし、体にフィットする細身のものを選んでスタイリッシュに仕上げるもよしです。さらに色や柄、素材で遊んでみたり、帽子などの小物でアクセントをつけてみたりして、自分だけのスタイルを楽しむわけです。

作務衣、どう選ぶ?見た目も機能も重視

日々の快適さを追求するなら、丈夫で着やすいものがおすすめです。季節に合わせた素材選びが重要で、夏用の作務衣には、涼しさを保つ麻のような通気性の高い素材を選びましょう。一方で、冬場は温かみを保つために、裏地のついた厚手のタイプが役立ちます。これなら凛とした寒さの中でも温かく過ごせます。

作務衣を選ぶ際は、見た目だけでなく機能性も重視しましょう。例えばウエストにゴムが入ったタイプは履きやすくずれにくいです。洗濯機での丸洗いも可能で、尻当てや膝当てがついているもの、ファスナー付きのポケットがついているものなどは、外出時にもストレスフリーで活動できるようサポートしてくれます。

選び方一つで、作務衣はあなたの日常を格段にアップグレードしてくれるアイテムになります。

芸人も愛用!作務衣を着ている芸能人

作務衣を着ている芸人さんといえば、「ゆんぼだんぷ」。海外の有名なオーディション番組、「ゴットタレント」にも出演している実力派です。

作務衣姿がいかにも日本的で、海外の人にウケたのかもしれませんね。

そして、ダウンタウンの松本人志さんもかつて「一人ごっつ」という番組で作務衣姿を披露していました。

芸人ではないですが、奥田民生さんも愛用されています。

作務衣とは|基礎知識

作務衣の由来と歴史

作務衣は、日本の禅宗の僧侶が日々の作業着として用いたことに始まります。その名前は「作業」を意味する「作務(さむ)」に由来しており、修行や雑務に適した服として開発されました。

当時の僧侶は、修行の一環として様々な労働を行っており、動きやすく丈夫な衣服が求められていたのです。掃除や薪割り、畑仕事といった寺院維持に必要な肉体労働のために作られたため、堅苦しい法要や坐禅の際には着用されないのが通例です。

現在の作務衣のスタイルは、永平寺で昭和40年代に用いられたものが原型とされています。当初は着物の上に上っ張りともんぺを着用しており、袖が現在よりも太かったとされています。また、「長作務衣」と呼ばれる、裾が長い上衣もあり、これは曹洞宗の僧侶が外出時に着用していました。埃やゴミの侵入を防ぐため、袖口や足首にゴム紐で絞られたデザインが多く見られたそうです。

神社の神職が着用する作務衣は多くが白色で、「作業衣」や「白作務衣」と呼ばれ、巫女専用の緋色のものも存在します。

種類とデザイン

作務衣には、用途や好みに応じて様々なバリエーションが存在します。伝統的なスタイルに現代の感性を取り入れたものもあり、そのデザインは実に多彩です。現代の作務衣は、ただ単色のものだけではなく、様々な柄を取り入れることで個性を際立たせています。趣ある古布の風合いを感じさせる柄や、カジュアルなストライプ、モダンな窓格子、ポップなドット柄、そしてパッチワークを施したデニムや市松模様など、選択肢は豊富です。

これらのデザインは、着る人のスタイルやシーンに合わせて楽しむことができ、作務衣が持つ伝統的な美しさに新しい息吹を吹き込んでいます。現代の生活に合わせてアップデートされた作務衣は、昔ながらの実用性を保ちつつ、より幅広い層に受け入れられるようになりました。

作務衣専門店「伝統芸術を着る会」

「伝統芸術を着る会」とは

「伝統芸術を着る会」とは、日本の伝統的な装いである作務衣を現代に広め、その魅力を伝えることに特化した通販会社です。20万人以上の顧客と5万人の熱心な会員を持つこの会は、作務衣の新しい可能性を追求し続けています。

そして単に古き良き日本の衣服を現代に復活させるだけでなく、その進化にも努めており、武州正藍染めの作務衣を始めとする400種以上の製品を創り出してきました。その結果、幅広いお客様の支持を受け、2018年に35周年を迎えました。

通販事業においては、電話やFAX、ハガキといった既存の注文方法に加えていち早くインターネットを導入。100%の顧客満足を保証する返品交換制度などを設けています。

年月を重ねても変わらぬテーマ「作務衣のある暮らし」を掲げ、素材や技法においても革新を追求しつつ、顧客に安心して買い物をしてもらえるようなサービスを心掛けている会社です。

>>作務衣の専門店!「伝統芸術を着る会」<<

公式サイトより引用

会社概要

スクロールできます
店舗名作務衣(さむえ)専門館 『伝統芸術を着る会』
会社名株式会社エヌ・スリー
運営責任者中川建治
住所〒143-0026 東京都大田区西馬込1丁目10-12
カースルTS B1階
TEL0120-100-999
FAX0120-600-999
メールアドレスshop@samue-e.com
URL https://www.samue-e.com/
記事内容(タップして移動)