【香典返しはすぐ返すべき?】不要・めんどくさい・送ってはいけないもの

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、「香典返しがめんどくさい」ということについて調査した結果を基に徹底解説しています。

「香典返しはすぐにすべき?」この疑問は、ある日突然、避けて通れない問題としてあなたの前に立ちはだかることでしょう。誰かを失う悲しみの中で、香典返しの準備を始めることは、心情的にも、実際の作業としても、決して簡単なことではありません。私たちには、故人への敬意を示し、遺族としての責任を果たす重要な役割があります。しかし、同時に、「めんどくさい」という気持ちや、何を選べばいいのか、いつ返せばいいのかといった不安も大きくのしかかります。

香典返しにかかる費用の相場についても、多くの人が悩むポイントの一つです。故人やその家族への感謝の気持ちを表現しつつ、自分自身の経済状況に見合った選択をすることは、簡単なことではありません。相場がいくらなのか、いかにして予算を決めるのか、適切な金額感覚を持つことは、遺族としての責任感と節度を示す上で非常に重要です。

この記事では、これらの疑問に答え、香典返しのプロセスを少しでも楽に、そして適切に行うための方法をご紹介します。故人への最後の感謝の気持ちを込めた香典返しを、心から納得のいく形で行うための知識を、ここから得ていただければと思います。

>>挨拶状が無料!「おこころざし.com」<<

公式サイトより引用

記事のポイント

  1. 香典返しはいつ返すべきか
  2. 香典返しとは何か
  3. 香典返しがめんどくさい場合、どうすればよいか
  4. 香典返しの費用の相場はいくらか
  5. 香典返し専門店「おこころざし.com」とは何か
  6. 香典返しはどのよう流れで行うのか
記事内容(タップして移動)

香典返しのタイミング|すぐ返すべきなのか

いつ香典返しを行うべき?一般的な時期と例外

一般的には、香典返しは故人の忌明けが終了した後、つまり命日から約49日後から1ヶ月以内に行うことが望ましいとされています。この期間は、故人を静かに偲び、その魂が安らかになるよう願う時期とされ、急いで香典返しを行うのは避けるべきです。

しかし、実際には例外もあります。たとえば、故人の命日が年末に近い場合、新年の祝い事と香典返しのタイミングが重なることを避けるため、少し早めに香典返しを行うことがあります。また、無宗教の家庭では、49日法要を行わず、忌明けの期間を特に設けないこともあります。

そして、地域や宗教によっても慣習が異なる場合があります。

スクロールできます
宗教香典返しのタイミング
仏教49日後から1ヶ月以内
浄土真宗初七日終了後から1ヶ月まで
神道50日目の五十日祭終了後
キリスト教
(カトリック)
30日目の追悼ミサ終了後
キリスト教
(プロテスタント)
1ヶ月後の召天記念日の後

仏式の中でも、特に浄土真宗では故人が亡くなった後すぐに仏さまとなるとの考えから、四十九日を待たずして香典返しを行うことがあります。ここでは、初七日法要後の約1ヶ月以内に香典返しを済ませるのが通例です。

神道においては、霊祭と呼ばれる法要が仏式のそれに相当します。葬儀翌日の翌日祭から始まり、十日ごとに節目を迎え、最終的には五十日祭で忌明けを迎えます。この五十日祭終了後に香典返しを行うのが一般的な流れです。

キリスト教には、仏式のような忌明けや香典返しの決まりは特にありませんが、カトリックでは30日目の追悼ミサ後、プロテスタントでは故人の召天から1ヶ月後に挨拶の贈り物をする習慣があります。

地域的な特色としては、北海道の葬式では、親族が集まる機会の少なさから、葬儀時に同時に数々の儀式を済ませる習慣があります。このため、香典返しも即日返しの形を取ることが多く、金額調整は行わず、最低限度に抑える風潮があります。しかし、高額な香典を受け取った場合は、後日適切なお返しをするのが普通です。

関東では、香典返しは「半返し」とされ、受け取った香典の半額程度の品物と挨拶状を添えて返すのが基本ですが、場合によっては3分の1程度にすることもあります。最近では、葬儀の当日に行う「即日返し」するケースもあり、その場合は一律の金額で対応することが多いです。

さらに北関東の一部では、「新生活運動」と呼ばれる習慣があり、経済的負担を軽減するために香典を少なくし、香典返しを辞退する風潮が残っています。この地域では、葬儀時に「一般」と「新生活」のための受付が設けられ、新生活で贈る場合は低額の香典を包むことが一般的です。

関西地方では、親族以外からの香典を受け取らない習慣が増えてきており、これは香典返しの手間を省くための風潮とも解釈できます。また、関西では通夜での食事振る舞いの習慣がなく、親族だけで食事をすることが一般的です。これらの地域差が香典返しの習慣にも影響しています。

  • 一般的な香典返しの時期は、故人の忌明けが終了した後、命日から約49日後から1ヶ月以内が望ましい。
  • ただし、宗教や地域によって異なる慣習や例外が存在する。
  • 仏教では浄土真宗では四十九日を待たずに香典返しを行うことがある。
  • 神道では五十日祭終了後が一般的な香典返しのタイミングとされる。
  • キリスト教ではカトリックでは30日目の追悼ミサ後、プロテスタントでは召天から1ヶ月後に行われることがある。
  • 地域的な特色として、北海道では葬儀時に即日返しの形を取ることが多い。
  • 関東地方では「半返し」と呼ばれる香典返しの習慣があり、香典の半額程度の品物と挨拶状を添えることが基本。
  • 一部の地域では新生活運動と呼ばれる習慣があり、香典の金額を少なくし、香典返しを辞退することもある。
  • 関西地方では親族以外からの香典を受け取らない習慣が増えており、通夜での食事振る舞いの習慣も影響している。

「すぐ返す」のメリットとデメリット

「すぐに香典返しをする」という選択肢には、メリットとデメリットの両面があります。一つの大きなメリットは、故人に対する感謝の意を迅速に表現できることです。特に親しい間柄や、頻繁に接する人々に対しては、迅速な対応が良い印象を与える可能性があります。

一方で、デメリットとしては、忌明けの期間が不足することによる故人への敬意の不足が挙げられます。また、香典返しを急ぎすぎると、周囲から配慮が足りないと受け取られる可能性もあります。

最終的に、香典返しのタイミングは、故人との関係や地域の慣習、宗教的な背景を考慮に入れて慎重に決定することが重要です。心からの感謝を込めて、適切なタイミングで香典返しを行うことが、故人への最大の敬意となるでしょう。

香典返しの基礎知識

香典返しとは|文化的背景とその意義

香典返しは、故人に感謝と敬意を示す大切な習慣です。もともと香典は、葬儀の際に故人の霊前に供えるお金でした。その「香」とは、線香や香料ではなく、お金のこと。そして「典」とは、霊前に供える金品を指します。香典を受け取ったら、感謝の気持ちとともにお返しを贈るのが香典返しです。

また、仏教では、人が亡くなってから49日間が中陰と呼ばれ、その期間が終わると故人が無事に成仏したとされます。特に関西では、この49日を終えたことに感謝の意を示すために、香典返しを「満中陰志(まんちゅういんし)」と呼びます。

香典返しの歴史って?昔と今の違い

昔は、故人の家族は葬儀の準備の間、喪に服していたので、近隣の人々が手伝っていました。その際、食料品が必要だったので、米を持ち寄る習慣がありました。江戸時代には、お金を香典として渡す習慣が始まり、受け取った香典に対するお礼として、香典帳を作り、返礼をする文化が始まりました。

現代では、香典返しはより個人的なものとなり、故人との関係性を反映する形で行われます。また、社会の変化に伴い、香典返しの方法も多様化しています。インターネットの普及により、オンラインで香典返しを行うことも可能になり、遠方に住む人々への香典返しも容易になりました。

香典返しがめんどくさい|その対策

香典返しがめんどくさいときのラクな方法

香典返しをするのに、手間をかけずに心からのお返しをしたいなら、インターネットの香典返し専門サイトでカタログギフトを選ぶのが一番です。これで、故人に感謝の気持ちを適切に示しつつ、自分の負担も軽減できます。

香典返しは、故人への哀悼の気持ちと、お返しを受けた方への感謝を表す大切な習慣ですが、手続きや手配が面倒だと感じることもあります。

香典返しの手続きに悩んでいる人には、インターネットを利用した香典返し専門のサービスがおすすめです。特に、カタログギフトを選ぶことで、時間と労力を節約できるだけでなく、受け取る方も喜ぶこと間違いなしです。

これらの専門サイトでは、さまざまな種類のカタログギフトが用意されており、選択肢が豊富です。受け取る人が自分の好みに合わせて商品を選べるので、喜ばれること間違いなしです。さらに、手紙や包装も含まれているので、手間がかからず心温まるお返しをすることができます。

絶対に避けるべき!香典返しで送ってはいけないもの

香典返しは、故人やその家族へのお悔やみの気持ちと、香典への感謝を込めて贈る重要なものです。

香典返しには相応しい品物と不適切な品物があり、不適切な品物を選ぶと、故人や家族への敬意を欠くことになりかねません。特に、四つ足の生臭ものや嗜好品、慶事に使われるもの、生菓子、金券や商品券、そして高価すぎるものは避けるべきです。

四つ足生臭もの(肉や魚)

肉や魚などの四つ足生臭ものは、香典返しとして避けるべきタブーな品物の代表格です。 四つ足生臭ものは、仏教では「穢れ」の象徴とされています。そのため、香典返しとして贈ると、故人やご家族に失礼にあたると考えられているのです。どうしても贈りたい場合はグルメ系カタログギフトが適切な代替品となります。

嗜好品(酒・ビール・タバコ)

酒やビールなどの嗜好品は慶事を連想させ、不祝儀には不向きです。神事の際のお供え物としての意味合いも強く、香典返しとしては適さないとされています。

慶事に使われるもの(かつお節・昆布・花)

かつお節や昆布、お花なども、香典返しとして避けるべきタブーな品物です。 かつお節や昆布は、祝い事に使われることが多く、香典返しにはふさわしくないとされています。また、お花は、お葬式や法事などの弔事に使われるため、香典返しには避けたほうが無難です。

その他、避けるべきもの

  • 生菓子:生菓子は、賞味期限が短く、品質が劣化しやすいため、香典返しとして避けたほうが無難です。
  • 金券や商品券:金券や商品券は、金額が分かってしまうため、香典返しとしてふさわしくないとされています。
  • 高価すぎるもの:香典返しは、香典をいただいたお礼の気持ちを込めて贈るものです。そのため、高価すぎるものを贈ると、相手に気を遣わせてしまう恐れがあります。

香典返しのマナーとエチケット

香典返しの特に重要なマナーの一つが、感謝の言葉を添えることです。香典返しに同封する手紙やカードには、故人への感謝、葬儀への参列、または香典を贈ってくださった方々への感謝の気持ちを丁寧に表現することが大切です。

このメッセージは、故人との思い出や関係性、参列者の支えがあったことへの感謝を伝えるものであり、受け取る方にとって心温まるものでなければなりません。短いメッセージであっても、心からの感謝と敬意が伝わるように心を込めて書くことが重要です。これにより、香典返しはただの形式的な行為ではなく、故人との絆を大切にし、生きている私たちが故人に対して最後にできる心遣いのひとつとなります。

費用と相場

香典返しの相場はいくら?

香典返しの相場は一般的にいただいた香典の半額程度とされています。たとえば、5,000円の香典を受け取った場合、香典返しには2,500円程度を目安にすると良いでしょう。しかし、特定の状況や地域によっては、この相場が異なることもあります。

例えば、親族や近しい人から高額の香典をいただいた場合や、一家の働き手が亡くなった場合、香典返しはいただいた金額の3分の1程度で良いとされています。

高額の香典をいただいた際のお返しには、相手に好きなものを選んでもらえるカタログギフトが便利です。また、香典返しを辞退された場合は、無理にお返しをせず、お礼状や電話で感謝の気持ちを伝えることが適切です。別の機会にお返しを考えることも一つの方法です。

香典返しの金額相場は「半返し」が基本ですが、状況に応じて3分の1返しやその他の金額でも適切なケースがあります。重要なのは、故人への敬意と参列者への感謝の気持ちを適切に表現することです。予算設定に際しては、故人との関係性や地域の慣習、自身の経済的状況を考慮し、無理のない範囲で選ぶことが大切です。

予算設定|香典返しのための経済的なアプローチ

香典返しの予算設定には、以下のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • 香典の金額を基にする:いただいた香典の金額に基づいて、適切な返礼品の価格を決定します。この際、半額程度を目安に考えると無難です。
  • 故人との関係を考慮する:故人との関係の深さに応じて、香典返しの予算を調整することも重要です。親しい関係であれば、少し高価な返礼品を選ぶことも検討できます。
  • 経済的な状況を考える:自身の経済的な状況も考慮に入れ、無理のない範囲で予算を設定します。香典返しは感謝の心を表すものであり、過度に高価なものを選ぶ必要はありません。
  • 総費用を把握する:香典返しをする際は、品物の価格だけでなく、梱包や送料などの追加費用も考慮に入れることが大切です。
  • 節約策を検討する:経済的な負担を軽減するためには、百貨店よりもオンラインショップでの購入や既製の返礼品セットを利用するなど、コストパフォーマンスの良い選択肢を探すことが有効です。

香典返しの専門店「おこころざし.com」

おこころざし.comとは

香典返し専門店「おこころざし.com」は、香典返しに特化したカタログギフトを提供するオンラインサービスです。このサービスは、香典返しに適した様々な商品をカタログ形式で提供し、利用者が選びやすいように工夫されています。

サイトでは、様々な価格帯のカタログギフトが用意されており、予算に合わせて選ぶことができます。例えば、高級感のある特別なカタログギフトや、日常生活で使える商品など、多彩なラインナップが揃えられています。また、商品にはお茶やタオルなど、一般的な香典返しに適したアイテムも含まれています。

「おこころざし.com」の利点は、香典返しの挨拶状も含めて、すべてのサービスがオンライン上で完結する点です。これにより、忙しい中でも簡単に香典返しの準備ができるようになっています。また、カタログギフトは受け取る側が自分の好みに合わせて商品を選べるため、喜ばれる可能性が高いです。

香典返しの際には、故人への敬意と感謝の気持ちを伝えることが重要です。その点で「おこころざし.com」は、適切な品物選びと便利なサービス提供によって、その目的を効果的に果たしていると言えるでしょう。

>>挨拶状が無料!「おこころざし.com」<<

公式サイトより引用


会社概要

公式サイトより引用
スクロールできます
会社名株式会社 大和
会社設立昭和59年1月(1984年)
代表者代表取締役社長 山本 友延
住所〒399-8204 長野県安曇野市豊科高家1178-11(あづみ野産業団地)
TEL0263-71-3600
FAX0263-71-3636
URL https://www.ymt-yamato.co.jp/
業務内容・ギフト商品の企画・製作・販売
・ギフトカタログの企画・制作・販売および顧客対応を含む総合運営
・ギフトの商品管理・加工物流および個別出荷
記事内容(タップして移動)