【エラスタンとは?】素材・特徴・劣化・ポリウレタンとの違いは何か

当ページのリンクには広告が含まれています。

本記事では、「エラスタンとは何か」ということについて調査した結果を基に徹底解説しています。

エラスタン、聞いたことがありますか?ファッションやスポーツウェアに詳しい方なら、一度は耳にしたことがあるでしょう。

この素材は、伸縮性と耐久性に優れ、衣服に快適さをもたらします。しかし、エラスタンがどのような素材で、どのように使われているのか詳しく知っている人は少ないかもしれません。

この記事では、エラスタンの特徴や劣化の原因、そしてポリウレタンとの違いについて分かりやすく解説します。日常生活でエラスタンに触れる機会が多い今、その正しい知識を身につけて、より快適な衣類選びをしましょう。

記事のポイント

  1. エラスタンとは何か
  2. エラスタンはなぜ使われているのか
  3. エラスタンとポリウレタンとの違い、他の素材との相性
  4. 劣化を防ぐためのコツは何か
  5. エラスタンを含む衣類を選ぶときの注意点は何か
記事内容(タップして移動)

エラスタンって何?|一からわかる基本ガイド

エラスタンとは

エラスタンは、ポリウレタン繊維を指す異なる名前で、基本的にはスパンデックス、ライクラなどと同じ素材のことを言っています。

これらの名前は異なるものの、実質同じ素材を指します。欧州では「エラスタン」と呼ばれ、米国では「スパンデックス」として一般的です。その圧倒的な伸縮性は、私たちの衣服に柔軟性と快適さを与えてくれます。

この素材は、最大でその長さの5倍から7倍まで伸び、力を抜くとスムーズに元の形に戻ります。この驚きの復元力がエラスタンの特徴的な特性を形作り、快適なフィット感を実現しています。

ヨーロッパ系ブランドが世界に拡大するにつれて、オンラインで見る素材表記も、より原語に近い表現が用いられるようになりました。特に「elasthanne」という表記は、ヨーロッパのブランドで見かけるようになりましたが、これは日本では馴染みが薄いかもしれません。

日本国内の繊維メーカーも「オペロン」や「エスパ」、「ロイカ」、「モビロン」といった独自のブランド名でポリウレタン繊維を市場に提供しています。これらはすべて、基本的にはエラスタンやスパンデックスと同じポリウレタン素材のことです。

繊維は天然素材や合成繊維を単独で使用することもありますが、混紡やさまざまな織り方によって、無数のテキスタイルを作り出すことができます。この多様性により、テキスタイルメーカーは自社の繊維に独自のブランド名をつけ、差別化を図っています。

エラスタンのルーツ

エラスタンの歴史は、1959年に遡ります。元々は「スパンデックス」という名前で知られ、アメリカのデュポン社が開発したものです。日本では「ポリウレタン弾性繊維」とも呼ばれ、その独特な性質から急速に衣料品の世界で受け入れられました。

「LY」や「PU」、「EA」といった素材表記。これらは全て、ポリウレタン繊維を示しています。「EA」がエラスタンのことです。

エラスタンが開発された背景には、人々の「もっと自由に、もっと快適に」という願いがありました。そしてその願いは、今や私たちの日常に欠かせない、快適性と自由な動きを支える素材として具現化されています。しかし、素晴らしいエラスタンにも、気をつけなければならない点があります。特に、洗濯やケアの方法は、エラスタンの特性を長く保つためにとても重要です。

エラスタンの特性と用途

エラスタンが選ばれる理由

エラスタンは、その類まれな伸縮性と耐久性により、現代の衣料業界において不可欠な素材となっています。この素材はゴムのように伸び縮みする一方で、色付けが容易で、急激な温度変化や湿度の変化に強い特性を持っています。しかし、光や塩素、カビなどの外的要因によって脆化する可能性もあります。

こんなところにエラスタン!普段の生活での活用例

エラスタンは、思ったよりもずっと身近なところで活躍しています。たとえば、スポーツウェアやヨガパンツ。あなたが楽に深呼吸できるのも、エラスタンのおかげです。また、長時間座っていても窮屈じゃないオフィスのスーツ、動きやすくてシワになりにくいのも、そう、エラスタンのおかげなんです。

その用途は繊維にとどまらず、スポンジや断熱材、合成皮革、塗料、接着剤、さらには電子機器のケースやスピーカーに至るまで多岐にわたっています。エラスタンの特性を理解し、それを生活の中で賢く利用することが推奨されます。

エラスタンと他素材との混合・違い

エラスタンとポリウレタン、違いは何?

エラスタンとポリウレタンの違いについて混乱が生じることがありますが、実際にはエラスタンはポリウレタン繊維の一種です。つまり、エラスタンはポリウレタンと同じ素材のことです。

ポリエステル混合エラスタンの特徴

ポリエステルとエラスタンを混合した生地は、強度と耐久性が増し、シワになりにくい特性を持っています。ポリエステルはその耐摩耗性と保形性で知られており、これにエラスタンの伸縮性が加わることで、動きやすさと快適さを損なうことなく、形状を保つことができます。このような混合生地はアウトドアウェアやスポーツウェア、日常のカジュアルウェアに広く用いられています。

ビスコース混合エラスタンの特徴

ビスコースは再生セルロース繊維であり、柔らかさと吸湿性に優れています。これにエラスタンを加えることで、快適な着心地と素材の柔軟性を保ちつつ、フィット感を向上させることができます。ビスコース混合エラスタンは、流れるようなドレープ性が求められるブラウスやドレスに適しており、シルエットを美しく見せることと機能性を両立させます。

エラスタンを他素材と混合することによって、我々の衣服はより快適で、実用的なものに進化を遂げています。これにより、機能的でありながらも美しい服が設計され、現代のファッション業界において重要な役割を果たしています。それぞれの混合素材がもたらす特性を理解することで、消費者は自分のニーズに合った衣料品を選ぶことができます。

エラスタンのケアとメンテナンス|長持ちさせる秘訣

エラスタンはその優れた伸縮性と快適なフィット感で、私たちの生活に欠かせない存在となっています。しかし、その特性を長く維持するためには、適切なケアとメンテナンスが不可欠です。エラスタン製品をより長く愛用するためのコツをいくつか紹介します。

劣化させないためのコツ

  1. 日光や熱から守る: エラスタンは紫外線や高温に弱いため、直射日光の下での長時間の干し方や高温での乾燥は避けてください。これらは素材を弱らせ、伸縮性を損ねる原因となります。
  2. 塩素系漂白剤は避ける: 塩素系漂白剤はエラスタンにダメージを与える可能性があります。漂白が必要な場合は、酸素系漂白剤を使用すると安全です。
  3. 適切な収納方法: 伸縮性があるため、長期間同じ形で折りたたんで保管すると、型崩れの原因になることがあります。可能であれば吊るして保管し、折り目が付かないようにしましょう。
  4. 過度なストレッチを避ける: エラスタンは伸縮性が高いですが、過度に引っ張るとその性能が低下する可能性があります。着用や洗濯時は無理に引っ張らず、優しく扱いましょう。

正しい洗濯・お手入れ方法

  1. 冷水での洗濯: エラスタンは熱に弱いため、冷水またはぬるま湯で洗うことをお勧めします。熱水は繊維にダメージを与え、伸縮性を損ねる可能性があります。
  2. 手洗いを推奨: エラスタン製品は繊細なため、できるだけ手洗いをすることを推奨します。洗濯機を使用する場合は、洗濯ネットを使用し、優しい洗濯モードを選びましょう。
  3. 中性洗剤の使用: 強い洗剤は繊維にダメージを与える可能性があります。エラスタン製品には中性洗剤を使用し、優しく洗いましょう。
  4. 自然乾燥がベスト: タンブラー乾燥は避け、自然乾燥をお勧めします。直射日光を避けて陰干しすることで、繊維を保護し、長持ちさせることができます。
  5. アイロン掛けは避ける: 高温によるアイロン掛けはエラスタンにダメージを与えるため、なるべく避けてください。必要な場合は、低温設定で短時間に留めることが大切です。

賢いエラスタン製品の選び方

購入前にチェック!これだけは見ておこう

  1. 繊維の割合: エラスタンの割合は製品によって異なります。ラベルを確認して、エラスタンと他の繊維の割合をチェックしてください。一般的に、エラスタンは少量(5%以下)であっても大きな伸縮性を提供します。
  2. 生地の厚みと質感: 生地の厚みと質感を手で感じてみてください。エラスタンが混ざっている生地は、柔らかく、しなやかな触感が特徴です。また、生地が薄すぎると耐久性に問題がある場合があります。
  3. 縫製の品質: 縫製がしっかりしているかどうかも重要です。特に伸縮性が高いエラスタン製品は、縫製が強固でなければ簡単に糸がほつれたり、型崩れする可能性があります。

良い品質を見分けるポイント

  1. 伸縮性のチェック: 生地を軽く伸ばしてみて、すぐに元の形に戻るかどうかを確認してください。良質なエラスタンは、伸ばしてもすぐに元の形状に戻ります。
  2. 色褪せや変色の有無: 生地の色が均一で、変色や色褪せがないかを確認してください。特に暗色の生地の場合、品質が低いと洗濯で色落ちすることがあります。
  3. 耐久性のあるブランドを選ぶ: 信頼できるブランドやメーカーから製品を選ぶことも一つの方法です。特に、エラスタン製品においては、実績のあるブランドが高品質な素材を使用している可能性が高いです。
  4. レビューを参考にする: 購入前に他の消費者のレビューや評価を確認することも有効です。特にオンラインで購入する際には、実際に商品を使用した他の人の意見を参考にすると良いでしょう。

【まとめ】エラスタンとはどんな素材なのか

エラスタンは、ポリウレタン繊維の別称であり、スパンデックスやライクラと同じ素材を指します。欧州での呼び名が「エラスタン」です。

  • 伸縮性と耐久性: エラスタンは、ゴムのように強い伸縮性を持ち、色付けも容易です。温度変化や湿度の変化にも強い特性があります。
  • 多様な用途: スポーツウェアやヨガパンツ、オフィスのスーツなど、日常生活の様々な場面でエラスタンは用いられています。また、スポンジや断熱材、塗料など、繊維以外の用途でも利用されています。
  • ケアの重要性: エラスタンは紫外線や高温に弱く、塩素系漂白剤にも注意が必要です。正しい洗濯方法と適切な保管が、エラスタン製品の寿命を延ばします。
  • 購入時のポイント: エラスタンの割合、生地の厚みと質感、縫製の品質をチェックし、良い品質の製品を選ぶことが大切です。伸縮性、色褪せや変色の有無、ブランドの信頼性にも注目しましょう。
記事内容(タップして移動)